GoToキャンペーンをお得に利用 ▶︎▶︎

「神戸風月堂」が和菓子の製造販売を終了|2020年8月31日まで

1897に神戸で誕生した「神戸風月堂」。

和菓子から洋菓子まで、幅広いラインナップの商品の数々は、一度は食べたことがあるという方が多いと思います。

そんな「神戸風月堂」ですが、2020年8月31日で和菓子の製造販売を終了するとの発表がありました。

詳しくお伝えします。

「神戸風月堂」が2020年8月末で和菓子の製造販売を終了

「神戸風月堂」ではゴーフルをはじめとする洋菓子、そして栗饅頭などの和菓子など、種類豊富なスイーツで多くの人に愛されています。

これまで当たり前のようにあった「神戸風月堂」の和菓子ですが、2020年8月31日で製造販売を終了することになりました。

どんな和菓子があるのか、一部をピックアップ。

  • 神戸異人館巻
    カステラ生地に風見鶏の焼印。中には、もっちり食感の羽二重餅、上品な甘さの粒あん・こしあん・ゆずあんが。
  • 栗饅頭
    美しい栗色の薄皮には、白あんが包まれています。あんの中には、刻み栗も。
  • 大輪田
    ふっくらした焼皮としっとりとした粒あんのハーモニーがたまらない、どらやき。
  • かりがね
    ていねいに炊き上げたあんが、「餅種」の最中皮で包まれています。
  • 桃山
    白あんに卵黄を加えた生地であんを包んで焼き上げられた、伝統的な和菓子。
  • あゆ(季節の和菓子)
    カステラ生地で羽二重餅を包み、焼印で目・ひれをつけ鮎の姿に。
  • 葛桜(季節の和菓子)
    葛まんじゅうをを包んでいるのは、塩漬けにした桜の葉。見た目から涼しい和菓子です。

シンプルながらも、「神戸風月堂」らしさが合わさった和菓子ばかり。

これらの和菓子が2020年8月31日で製造販売終了となってしまいます…。

これからは洋菓子の「神戸風月堂」に

2020年9月1日以降、「神戸風月堂」の和菓子は味わえなくなってしまいますが、洋菓子は変わらずに楽しめます。

  • ゴーフル
  • ゴーフル・オ・グーテ
  • プティーゴーフル
  • ミニゴーフル
  • デセールショアジ
  • 神戸ぶっせ
  • フィナンシェ

様々なスタイルで楽しめる「神戸風月堂」。

これからも、神戸を代表する存在であることに変わりはありません😊

参考 和菓子製造販売終了のお知らせ神戸風月堂

あなたにおすすめ

「神戸風月堂さんちか店」が閉店|2020年8月31日で閉店。感謝セール開催中