今月の新店舗オープン情報 ▶︎▶︎

神戸トルコライス − 持ち帰り・テイクアウトもOK!一度食べるとクセになるトルコライス

神大附属病院(神戸大学医学部附属病院)の近くにある「神戸トルコライス」。

トルコライス?と、聞き慣れない食べ物ですが…これは一度食べるとクセになってしまう、虜になってしまう料理です。

今回、「神戸トルコライス」を持ち帰り(テイクアウト)してみました。値段や感想などを詳しくご紹介します。

「神戸トルコライス」で持ち帰り(テイクアウト)!

神戸トルコライス テイクアウト

なんだかちょっと懐かしいような雰囲気もある「神戸トルコライス」。

テイクアウト(持ち帰り)にすると、写真のような容器に入れてもらえます。真ん中のシールがレトロでかわいい。

「神戸トルコライス」はトルコライスがメインメニューで、主に3種類。

  • かつトルコ(とんかつ)
    900円
  • えびトルコ(えびフライ)
    1,000円
  • ミックストルコ(とんかつ&えびフライ)
    1,400円

とんかつかえびフライ、どちらのメインがいいか悩んでしまいますよね。

でも、どちらも欲張りに味わえる「ミックストルコ」もあります。

大きいえびフライがのった「えびトルコ」

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

今回テイクアウト(持ち帰り)したのは、「えびトルコ」。お皿にぎっしりおかずやごはんが入っていて、食べる前からワクワクします。

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

横から見ると、ボリュームがある感じが伝わるでしょうか。これで900円は、お得に感じます。

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

がっつりしたおかずだけでなく、サラダも入っています。ちょうどいい茹で具合のたまごも。

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

「えびトルコ」のメインとなるえびフライは、2尾。上にかけられているソースとぷりぷり食感のえびがたまりません。

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

昔の喫茶店のような感じもある、スパゲティも入っています。ソースを絡めて食べるとよりおいしくて、えびフライとも合います。

神戸トルコライス テイクアウト えびトルコ

トルコライスは、ソースがしみしみ。このトルコライスだけでもソースと一緒に味わえますが、やっぱりえびフライと一緒に食べるのが最高の組み合わせ。

「神戸トルコライス」でしか味わえない、オリジナリティ溢れるトルコライスはリピ確実です。

神戸トルコライス

  • 場所
    神戸市兵庫区荒田町3-42-12
  • アクセス
    地下鉄「大倉山」駅西1番出口から約8分
    JR「神戸」駅から約19分
  • 営業時間
    11:00~15:00
  • 定休日
    水曜日・日曜日・祝日
    ※臨時休業あり
  • 電話
    078-512-0361
記事の内容は、2022年5月時点での情報です。掲載時点において最新の情報とは限りません。既に変更されている可能性や、今後変更される可能性があることをご了承ください。最新の情報や詳細は、公式サイトでご確認ください。