神戸のおしゃれ&おすすめランチ紹介ブログ

神戸や三宮でも使える「KOBE Free Wi-Fi」の使い方。観光客以外も使える便利なフリーWi-Fi

神戸の街中に、フリーで使えるWi-Fi「KOBE Free Wi-Fi」があるのをご存知でしょうか?
観光客だけが使えるフリーWi-Fiというのは多いですが、「KOBE Free Wi-Fi」は観光客だけではなく、地元の人でも使える便利なWi-Fiなんです。

そこで実際に「KOBE Free Wi-Fi」が使える所に行って、Wi-Fiを接続してみました。

まずは便利なアプリをダウンロード

神戸でフリーWi-Fiが使えるといっても神戸は広いので、どこにWi-Fiのアクセスポイントがあるのか、場所を知りたいですよね。

そこで、iPhone・Androidのどちらにも対応している無料アプリの「KOBE Official Travel Guide」をまずダウンロードします。

このアプリをダウンロードしておくと、フリーWi-Fiのスポットがわかるだけでなく、神戸市内のアクセス方法やイベント情報なども知ることができるので便利。

アプリを開けた画面が、こちら。

KOBE FREE Wi-Fi

観光スポット
観光案内所
MONEY(銀行・郵便局)
免税店
神戸牛
酒蔵
神戸スイーツ

と、神戸を代表するものを含め便利なコンテンツになっています。

Wi-Fiのアクセスポイントが一目でわかる

今回使うのは、「KOBE FREE Wi-Fi」の項目。
ここを開けると、現在地周辺の地図とともにWi-Fiスポットが表示されます。

これは、三宮の地図。
ざっと見ただけでも数多くのピンがあることが一目でわかります。

表示形式は地図の他に、リストもあります。

一覧だと名前がすぐにわかるので、土地勘のある方ならこちらが使いやすいかも。神戸に遊びに来たという方は、地図の方がわかりやすいですね。

ピンにはグリーンとブルーの2種類がありますが、それぞれ意味が異なります。

グリーンのピンが「KOBE FREE Wi-Fi」が使えるスポット。

ブルーのピンは、外国人観光客が無料で使えるWi-Fiのアクセスポイント。

2種類あるうち、日本人が無料で使えるのが「KOBE FREE Wi-Fi」になります。

「KOBE FREE Wi-Fi」接続方法

「KOBE FREE Wi-Fi」が使える場所はアプリでも確認できますが、実際に歩いていてこの目印があるところでも使えます。

六甲山をイメージさせる深緑色が特徴のマーク。このマークがある周辺で使えます。

「KOBE FREE Wi-Fi」の接続方法はまず、設定からWi-Fiをオンにします。

すると、すぐに「KOBE FREE Wi-Fi」が上がってきます。

そしてブラウザを開けると、この画面が表示されます。

最初は英語になっているので、右上の「Language」から日本語を選びます。

すべて日本語表示に変わるので利用規約を読み、下に進みます。

Facebookでログイン
Twitterでログイン
Googleでログイン
Yahoo!JAPAN IDでログイン

この表示が出てくるので、持っているSNSのアカウントでログイン。
どれもアカウントを持っていない方は、メールアドレスで登録してログインが可能なので、一番下の「メールでログイン」からメルアドを入力します。

無事、接続ができたらこの画面に。フリーWi-Fiが使える状態です。

接続時間は連続24時間で、何度でも繰り返し接続できるのでかなり便利。

観光客の方はもちろん、地元の神戸っ子も使える便利な「KOBE FREE Wi-Fi」を活用してみてください。
(セキュリティを必要とする通信の場合は、各自の判断で使ってください)

神戸市「KOBE Free Wi-Fi(無料公衆無線LANサービス)について」
 http://www.city.kobe.lg.jp/culture/leisure/information/kobefreewifi.html

check!