Panya芦屋 三宮店 − 耳までおいしい最上級食パン。そのままでもトーストでも絶品

パンの街・神戸で、最近さらに盛り上がっているのが高級食パン。

全国的な高級食パンブームがはじまる前から、神戸では食パンが定番の人気を集めているほどハイレベルな激選区。

神戸にある食パン専門店の中でも注目の、芦屋に本店がある「Panya芦屋」をピックアップ。三宮の高架下にも店舗があり、売り切れる日があるほど支持率の高い食パン専門店です。

そんな「Panya芦屋 三宮店」のお店の様子や食パンについて、詳しくご紹介します。

あわせて読みたい

こだわりぬいた食パンが味わえる「Panya芦屋」

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮

「Panya芦屋」の食パンの原材料は、小麦粉・生クリーム・バター・砂糖・シママース塩・水。たまごは一切使われていません。

小麦粉も、このパンのために厳選された小麦粉をブレンドしていたりと、こだわり抜かれた材料が使われています。

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮

今回購入したのは、「プレミアム」。いわゆる”角”食パンで、1.5斤分あります。

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮

ふんわりと焼き上げられていて、耳までやわらかいのが見てもさわってもわかるほど。中もしっとりしています。

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮

おすすめの食べ方の通り、1日目はそのまま生で、2日目はトーストしていただきました。

生のままで食べると、ふわふわな食感とともにほのかな甘みを感じられ、食パンそのもののおいしさを堪能できます。

トーストして少しバターを塗ると、さっくりとした食感で生とはまた異なる味わい。2通りの楽しみ方で、「Panya芦屋」の食パンを味わえます。

「Panya芦屋」の食パンの値段

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮 値段

「Panya芦屋」で販売されているのは、2種類の食パンのみ。三宮店では、毎日芦屋本店から直送されています。

セレクト 1本(1.5斤) 650円
プレミアム 1本(1.5斤) 750円
※どちらも税抜価格

最上級の素材が使われている「セレクト」と、さらに厳選された素材が贅沢に使われている「プレミアム」。

値段は100円しか変わらないので、まず「セレクト」から食べてみるのも良し、「セレクト」と「プレミアム」を食べ比べてみるのも良し。

じっくりと、パンそのものの味わいを食べ比べしたくなりますね。

「Panya芦屋」と「乃が美」の違いは?

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮 乃が美

食パンの人気店でいうと、三宮には「乃が美はなれ 神戸三宮店」もあります。

どちらもおいしい食パンなので、こっちの方が好きというのは好みが分かれると思いますが、両方食べてみて個人的に感じた違いを挙げてみると…

  • 「Panya芦屋」の食パンは「乃が美」よりひとまわり小さめ
  • 両方甘みを感じられるけど、「乃が美」の方がより甘さを感じられる

主に、この2点だと思います(甘さという点では人によって感じ方は異なると思うので、参考までに)。

個性があり味がまったく異なる「Panya芦屋」と「乃が美」の食パン。食べ比べしてみるのもおすすめです。

「Panya芦屋 三宮店」の場所・行き方

panya 芦屋 ashiya 食パン 三宮 場所 行き方

お店へは、各線「三ノ宮(神戸三宮)」駅から山側(北)へ出て、「サンセット通り」を線路沿いに西へ進みます。

しばらく進むと「阪急三宮駅西口宝くじ売り場」が見えてくるので、さらにそのまま線路沿いをまっすぐ進むと左側に「Panya芦屋 三宮店」があります。

売り切れ次第終了なので、確実に購入したい方は予約がベター。

こだわり抜いた材料が使われている「Panya芦屋」の最上級食パン。1日目はそのまま生で、2日目はトーストして、食パンをたっぷり堪能してください☺️

Panya芦屋 三宮店
▷場所
神戸市中央区北長狭通2-31-47
▷アクセス
阪急「神戸三宮」駅から徒歩1分
JR 「三ノ宮」駅から2分
阪神「神戸三宮」駅から3分
▷営業時間
10:00〜19:00
▷定休日
水曜日
▷関連リンク
公式サイト
▷地図

訪問日:2018年11月3日

あなたにおすすめ

乃が美 はなれ 神戸三宮店 − ふわふわ高級「生」食パンはやみつきになるおいしさ。おすすめの食べ方も紹介するよ

 春夏秋冬 元町店 − 食パンが大人気!行列が絶えないお店。焼き上がり時間や待ち時間は要チェック✔️

神戸初出店!食パン専門店「銀座に志かわ 神戸三宮店」が2019年7月待望のオープン