GoToキャンペーンをお得に利用 ▶︎▶︎

丸亀製麺「うどん弁当」を食べてみた!390円で食べごたえ◎ただ1つ難点あり

「丸亀製麺」でテイクアウト商品として販売されている「丸亀うどん弁当」。

390円からというお手頃な価格帯で、うどん+おかずが一度に楽しめることで人気を集めています。

そんな「丸亀うどん弁当」を実際に食べてみた感想や中身などを、詳しくご紹介します。

唯一の改善希望点も…!

丸亀製麺で390円の「うどん弁当」を購入

「丸亀製麺」では、これまでも店内はもちろん、テイクアウトでも利用していましたが、発売直後から人気になっている「うどん弁当」を購入。

うどんや天ぷらのテイクアウトも便利ですが、「うどん弁当」はそのセットをオーダーするだけで、自分で取る必要がないので気持ちもラクです。

さっそく、「うどん弁当」を見ていきましょう。

390円なのに盛りだくさん!

「うどん弁当」は、4種類のラインナップがあります。

  • 390円(税込)
    冷ぶっかけうどん(並)
    2種類の天ぷら(野菜バラ天・ちくわ磯部天)
    定番おかず(きんぴらごぼう・玉子焼き)
  • 490円(税込)
    冷ぶっかけうどん(並)
    3種類の天ぷら(えび天・野菜バラ天・ちくわ磯部天)
    定番おかず(きんぴらごぼう・玉子焼き)
  • 620円(税込)
    冷ぶっかけうどん(並)
    4種類の天ぷら(鶏もも天2個・えび天・野菜バラ天・ちくわ磯部天)
    定番おかず(きんぴらごぼう・玉子焼き)
  • 650円(税込)
    冷ぶっかけうどん(並)
    肉うどんの肉
    2種類の天ぷら(野菜バラ天・ちくわ磯部天)
    定番おかず(きんぴらごぼう・玉子焼き)

今回は、390円の「うどん弁当」を購入。

天ぷらやおかずの下にうどんが入っています。300円台なのに、パッと見た感じでもぎっしりという印象。

天ぷらは嬉しい2種類

390円の「うどん弁当」には、野菜バラ天・ちくわ磯部天の2種類の天ぷらが入っています。

野菜バラ天はかき揚げほど大きくないので、ちょうど食べやすいサイズ。

ちくわ磯部天は、旨味たっぷりでうどんとの相性も抜群です。

定番おかずでほっこり

すべての「うどん弁当」に共通しているのが、きんぴらごぼう・玉子焼きの2種類の定番おかず

玉子焼きはふわっとやわらかく、きんぴらごぼうはしっかりめの味付けです。

うどんのだしが入れにくい…(涙)

うどんは冷ぶっかけうどん(並)で、だしが別に袋に入っています

おかずの上からかけるのもよし、おかずを食べたり別皿に移してからうどんだけにかけるのもよし。

お好みで味わえるようになっていますが…めちゃめちゃ入れにくいんです…

袋が大きすぎるせいか、どうしてもべちゃべちゃに垂れてしまうので、あらかじめすぐに捨てられるごみ袋+ティッシュ(ウエットティッシュ)を準備しておくのが良いかもしれません。

丸亀製麺「うどん弁当」まとめ
  • 価格帯は390円からでお手頃価格
  • 390円の「うどん弁当」でも食べ応えあり
  • すべての「うどん弁当」に共通している定番おかずは、きんぴらごぼうと玉子焼き
  • うどんは冷ぶっかけうどん(並)でお店で食べるのと変わらないクオリティ
  • うどんのだしが入れにくいので、前もってすぐにごみを捨てられる+手を拭けるようにしておくのがおすすめ
参考 丸亀うどん弁当丸亀製麺
記事の内容は、2021年6月時点での情報です。掲載時点において最新の情報とは限りません。既に変更されている可能性や、今後変更される可能性があることをご了承ください。最新の情報や詳細は、公式サイトでご確認ください。

あなたにおすすめ

無料で丸亀製麺のうどんがもらえる!「ひょうご子育て応援の店パスポート」は登録するとお得